PR

数量限定ウイスキー、アサギマダラの里2022を飲んでみた感想。花の蜜のような香り、味がとても好み。

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ウイスキー
記事内にアフィリエイト広告が含まれています。
スポンサーリンク

アサギマダラの里2022を買うことができましたーーー!

すごく楽しみにしていたので本当に嬉しいです!
というわけで、今回は過去に発売されたアサギマダラの里と飲み比べをしてみたいと思います。

また、購入先も改めてまとめていますので、ご確認いただければ幸いです。

関連記事はこちらから。

アサギマダラの里2020、2021、2022の比較、飲んでみた感想

早速、アサギマダラの里2020、2021、2022を飲み比べ・比較してみました。

なお、色、味、香り、その他感想については、でんでんの所感となりますのでご容赦ください。

アサギマダラの里2020アサギマダラの里2021アサギマダラの里2022
原材料モルトモルトモルト
バーボン
ホワイトオーク
スコッチ樽
アメリカンホワイトオークなど
確認中
生産数1,015本1,550本1,200本
希望小売価格8,800円8,800円8,800円
アルコール分47%48%48%
琥珀色淡い琥珀色2021よりも淡い琥珀色
香り一番バーボン感強い、オーク樽の香り
濃厚な甘さ、カラメル
2020の香りに近いがマイルド花の蜜のような香り
3つの中で一番味が濃く甘い
舌に甘みが残る
3つの中では苦みが強く感じる淡い蜂蜜のような甘み
少しナッツを感じる
その他感想香りも味も3つの中で一番濃厚。わかりやすい。
嗅覚、味覚で強い満足感を得たいなら2020がおすすめ。
一番「駒ヶ岳」が強い。
マルスらしいのウイスキーが好きな人は2021が一番かも。
個人的にはハイボールが合いそうな爽快感。
パッケージと、色・香り・味がぴったり合っていて、飲んでいて気持ち良い。
一番飲みやすい。ウイスキーを普段あまり飲まない人にもいいかも。

ストレートで飲むなら、私は2022が一番好きです。

さっぱりしたいときは2021、強い味を楽しみたいときは2020がいいかなと思います。

アサギマダラの里2022は長野県宮田村のふるさと納税の返礼品で取り扱いあり

長野県宮田村のふるさと納税の返礼品で、アサギマダラの里2022の取り扱いがあります。

寄付額は50,000円(税込、送料無料)と、高額な設定になっております。

しかし、寄付限度内額であれば実質負担額2,000円で購入できるので、お得という見方もできますね。


また、いいもん 楽天市場店さんでもお取り扱いがありますね。

同じく本坊酒造が出している紫輝というワインとのセット販売です。

おそらく金額は定価の設定で、セットで21,791円(税込、送料別)

ワインがお好きな方は、こちらのほうが一時的な出費が少なくて済みます。


アサギマダラの里2020、2021はどこで買えるのか?

過去に販売された2020、2021は、現在定価で買うことのできる場所は見つかりませんでした。

楽天の一部店舗で取り扱いがありましたので掲載しておきます。

数量限定ボトルゆえか、現在はお値段は張ってしまうものの「どうしてもボトルでほしい!」という方は、購入してもいいかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シングルモルト駒ヶ岳 アサギマダラの里【2020】 47%700ml
価格:39800円(税込、送料別) (2023/2/22時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シングルモルト駒ヶ岳 アサギマダラの里 2021 48%700ml
価格:34800円(税込、送料別) (2023/2/22時点)


ボトルまではちょっと…という方には、BARでの取り扱いもあるようです。

長野市のバー、BAR福山さんではお取り扱いがあるようですので、ご興味がある方は訪れてみるのもいいかもしれません。
(こちらのバー、お邪魔してみたいんですよね…!)

1200分の1本をしっかり楽しんでいきたいと思います!
では、おやすみなさい~

にほんブログ村 酒ブログ ウィスキーへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました